東日本大震災の影響で・・・

東日本大震災の影響で住宅ローンが払えなくなり、自宅を任意売却に

ご相談いただいたときは既に弁護士さんに相談されていました。

ご相談者様は建築やリフォームを会社として営業されていました。それまでは順調にお客様を増やされ、軌道に乗りさぁこれからと思われていた中、あの震災が起こってしまったのです。

あの時は流通網もやられ、あちこちで倉庫の資材も流されて、至るところで物不足。いつ資材が来るかわからない、いつ完成するかわからない、工期がどれくらいもわからない状態でした。

予定通りに出来なくなり、お客様に迷惑掛かるので、新規請負も請けられなくなってしまったそうです。ご相談者様も住宅ローンもあり、事業の運転資金の返済や下請けさんへの支払いもあったので、当初は貯蓄を崩して回していたのですが、先が全く見えてこないので弁護士さんに相談されたようです。

金融機関と打ち合わせをし、売却開始しました。
暫くしてお客様が見つかりました。

実は、お付き合いのある方にご自宅を買ってもらい、そこに賃貸借で借りて住むという素晴らしい形でした。お引越しせずにそのままお住まいになる。引越しの費用や手間もいらない、近所の方々にも全く知られない。

今直ぐには買い戻しは難しいですが、ローンが組めるようになる7~10年後にチャレンジするということも可能ですから・・・。


任意売却の相談室 > 取引実績 > 東日本大震災の影響で・・・