オーバーローンで新築マンション購入①

やはりオーバーローンは厳しい
(※自己資金ゼロで物件価格の他に諸経費分もローン)

新築マンションの売れ残りを売り付けられたと言っていいご相談者様の話でした。特に悪質な方法で。

ご相談いただいたのは奥様からでした。
この時には既に2ヵ月ローンが遅れておりました。

小さなお子様と奥様の3人家族、ご主人もまだ若く、お仕事も長続きしない方(奥様曰く)のようでしたので、新築マンション購入後しばらくして転職。ご相談いただいたときは正規雇用ではなくアルバイト的なお仕事でした。奥様もお子様が小さいので保育園に通っている間のパートはされているのですが、ローンの返済額には全く足りなかったようです。

直ぐに金融機関に連絡し、販売を開始しました。
所在は山手線の駅から徒歩圏ですので引合いは多かったのですが、売出したばかりの当時は債権者との折り合いも合わず、暫く苦戦しました。

利便性の良い立地が禍し「投資目的」のお客様が多く、希望価格が厳しいケースが続きました。

ようやく債権者との折り合いが付いたのが、付き合いのある買取業者でした。

ここから、お引越し先のお手伝いが始まりました。
が、ご夫婦でご相談され、今までの一連の事からご家族が別々に暮らすことになってしまいました。
奥様はご実家へ、ご主人もご実家にそれぞれ戻られました。

その後はご連絡もなく、お便りもないので分かりませんが、お元気にしていてほしいものです・・・。


任意売却の相談室 > 取引実績 > オーバーローンで新築マンション購入①

高収入の家庭にも住宅ローン遅延の可能性が・・・

ご夫婦で合算で年収1200万円程の家庭にも住宅ローン延滞の可能性が・・・

ご相談いただいた方は、共働きの家庭でした。
お子様は大学生卒業された長男さんと4年生在学中の大学生でした。

ご主人は公務員、奥様は医療機関にご勤務され、ご夫婦合計すると1200万円程のご収入が有りました。
なぜそんなに収入が有って、我々に相談いただいたのかがお話を伺っていて解りました。

長男さんが大学入学する時までは何にも不安に思うことも無く普通に暮らしていました。
もちろん受験対策のため学習塾の費用はかなり掛かりましたが、それなりの蓄えもあり、次男の大学入学までは普通に生活していました。

あるときにいくつかの災難が重なりました。
1.自宅が雨漏りをし、修復にかなりの費用がかかってしまったこと数100万円単位。
2.ほぼそれと同時にお父様が体調を崩し、かなりの医療費が掛かってしまったこと。
3.その心労がたたり奥様が体調を崩し、お仕事を長期で休まなくてなならなかったこと。
これらの事が重なり一時的にかなりの借入をしてしまったため、住宅ローンや学費、一時的な借入の支払いが厳しくなってしまったため、私共にご相談下さいました。
その時も奥様はしばしば体調が悪くなられ、お伺いする日を改めることも多々ありました。

売却活動はその後、直ぐに進めました。
数件ご案内がありましたが直ぐには決まらず、販売開始から時間的には5か月位でお客様が見つかりました。

その後、お引越し先の選定のお手伝いもいたしました。こちらは直ぐに良いところが見つかり、無事にお引越し出来ました。
また残債に関しては弁護士さんをご紹介させていただき、法的に処理されたと伺っております。
ご相談者様も律儀な方でしたので、自己破産はされず、きちんと支払っておられるようです。


任意売却の相談室 > 取引実績 > 高収入の家庭にも住宅ローン遅延の可能性が