離婚した元配偶者の連帯保証人だったことから

離婚した元夫の連帯保証人になっていたため銀行から督促状が届いた!!

数年前に離婚した元夫がへ返済を滞らせたため、銀行から返済を求める督促状が届いてしまった。それも一括返済の。

びっくりされてご相談いただけました。
ご相談者様は当時住宅ローン借り入れの際、収入合算だけと思っていて、連帯保証人になっていたことを認識されておらず、新築マンションを購入されました。
その後は事情があり離婚され、今はそれぞれ別々の家庭をお持ちになり生活されておられます。

連帯保証人になってしまっていると、これを離婚しているので外してほしい誰かに変更してほしいということは出来ないのです。

それに見合う相応の方を連れてきてお願いするか、ましてや督促状がくるような状態ではそのお願い自体も受け付けてもらえなくなるのです。ご相談者の方には、誠に申し訳ありませんが、ご返済いただくか、弁護士さんに依頼して法的に払えない手続き(自己破産)をしていただくか、元夫にお支払いいただくしかないとお話しました。
元夫にはもちろん払えるわけもなく、ご相談者様のお父様も頭を悩まされましたが、新しい家庭での生活の中まだ残債も2500万円(マンションの査定価格は2000万円)ほどあったため返済は難しいと、残るは弁護士に相談ということでご紹介させていただきました。

当該マンションは売却はお手伝いさせていただきました。

所有権名義の元夫に連絡し、現在賃貸で第3者に貸されている事を知りました。

地方で新しい家族と暮らしており、当該マンションの賃料ではローンが払えないため、少ない預金から持ち出しで払い続けていたが、次第に預金も無くなり、今の状態に至ることを聞きました。
また元妻(ご相談者)にとても迷惑かけたこと、今後督促がいかないようにするにはどうすればいいか等をとても心配されていたのが印象的でした。
債権者である住宅債権管理回収機構には賃借人がいることを説明し、一般のお客様向けに販売は難しいこと、賃借人に購入してもらうのが一番いい事を提案しました。

急な話のため賃借人様も当初の回答は「買えませんし出てもいきません」という感じでした。

賃借人付中古マンションの販売は投資家しか検討できませんので、価格も相場よりもぐっと下げて募集しないといけないのですが、債権者からみれば物件評価額が基本ですので、しばらくは状況がなにも進展しませんでした。

しばらくして賃借人様から連絡があり、息子さんでローンが組めれば検討してもいい旨の返答をいただきました。

勤続が短いことや若いため収入面でも厳しいかと思われましたが、またその旨も債権者側にも相談し、若干金額も交渉いただきなんとか成約に結び付けることができました。

元夫様は決済時(引渡し時)に上京される旅費もなんとか捻出することも大変だったようですが、無事に済んでホッとされていました。

売却後の残債については、もとよりご相談されていた弁護士さんにお任せし、少しずつお支払いされているようです。


任意売却の相談室 > 取引実績 > 離婚した元配偶者の連帯保証人だったことから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です